美容皮膚科による血液クレンジング

オゾン療法による癌予防効果について

美容に関する基礎知識オゾン療法には、疲労回復やアンチエイジング、血液をサラサラにするといった
様々な効果がありますが、癌予防効果も期待できます。

癌は、長らく日本人の死因のトップであり続けていますが、オゾン療法は
活性酸素を除去して免疫細胞を活性化する作用があります。

この作用によって、免疫力が向上して癌が発生しにくい身体を得ることが可能です。
加えて、発生した癌細胞を抑制することも可能となるため、癌の進行を遅らせることもできます。

また、オゾン療法は単に癌予防につながるだけでなく、癌治療の副作用を軽減する効果もあります。
現在行われている癌治療は、手術・放射線治療・化学療法の3種類が主流となっていますが、
これらの治療には一定の効果が期待できるものの、患者にとって非常に辛い副作用を伴うことが少なくありません。

しかし、オゾン療法には免疫力向上や血流改善、自然治癒力の向上といった様々な効果があるため、
この治療を癌治療と共に受けることで化学療法などによる辛い副作用を軽減することが可能です。治療の副作用

オゾン療法は日本においては認知率が高いとは言えない治療法ではありますが、
イギリスやドイツ、スイス、イタリアといったヨーロッパ諸国では広く普及しています。

オゾン療法と高濃度ビタミンC点滴の併用について

上記の通り、オゾン療法には癌の予防や癌治療の副作用を軽減する効果もある治療法ですが、
オゾン療法は高濃度ビタミンC点滴との相性が非常に良いとされており、併用をすることで
より高い効果を得ることが可能です。

高濃度ビタミンC点滴とは、文字通り非常に高い濃度のビタミンCが配合された薬剤を投与する治療法で、
オゾン療法同様に活性酸素の除去や免疫力の向上、血流改善、自然治癒力向上といった効果があります。

これら2種類の治療法はそれぞれ単独で受けても十分な効果を得ることはできますが、
一緒に受けた方が相乗効果によってより高い効果があることが広く知られています。

ビタミンC点滴のメリット

また、高濃度のビタミンC点滴は、癌治療法としても近年大きな注目を集めています。
体内に高濃度のビタミンCを投与すると、癌細胞の周辺で活性酸素が生成されて
癌細胞を攻撃してくれるのですが、この活性酸素が影響を与えるのは癌細胞のみです。

正常な細胞は一切傷つけないため、辛い副作用に悩まされる心配がありません。
また、治療は1時間ほどかけて点滴していくだけで、身体に対する負担が少ない
安全な治療法として確立されているため、アメリカにおいては10年以上にわたって
癌治療法として行われています。