どんな景品を選べばみんなが喜ぶのか?

低予算で忘年会景品を用意するコツ

景品選びで決まる忘年会
まず、いくら低予算でも絶対にはずしてはならないのは、目玉商品を準備することです。
予算が足りないからといって、適当な品物を無数に用意したところで
場は盛り上がるどころか白けてしまうばかりです。

こういったときは、逆に一点豪華主義にしぼって予算の半額ほどをつぎ込んだ
目玉商品を必ずひとつは用意し、最後まで参加者の期待感を引っ張りましょう。

逆に言うと、その要点さえきちんと押さえることができれば、
あとの忘年会景品はネタ系であっても構いません。

高額な景品

その年を締めくくる大切な宴会の場でもっとも警戒すべきことは、座を白けさせてしまうことです。
金額はそれほど大きくなくても、例えばお食事券や商品券、クオカードなどは
現金と同等の価値がありますから、高額商品を用意できない場合はこういったものを
忘年会景品にすると、完全にはずしてしまうということはないでしょう。

目玉商品以外の忘年会景品については、好みの分かれる雑貨を買うよりも
食べ物や消耗品が適している場合もあります。

目玉商品

格安ショップやアウトレット、またはネットショップのわけあり品などを探せば、驚くほどの安価で
掘り出し物が見つかることも多々ありますので、特に女性社員の多い会社などは、
スイーツやお菓子を検索してみることをおすすめします。

賞味期限の長い食品類なら、当人が必要としなくてもおすそ分けすることも可能ですから、
忘年会景品としてはもっとも無難な部類になるでしょう。

こういった忘年会景品を用意するほどの予算もつかない場合は、上司や経営者の方に
なにがしかの協力を要請したり、会社で作成しているグッズなどを使い回さなければならないこともあるかも知れません。

会社の状況や参加者の懐具合によっては、幹事さんが非常に厳しい立場に立たされることもありますが、
お金で補えない部分はできるだけ知恵を絞って盛り上がる忘年会を実現させてください。